スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる目標

お友達と雑談の中で,「○○のような生き方が目標ですね」という話を聞いた。

正直に言ってうらやましい。 目標というのは人生の指針になるから。

聞きながら,私はどうだろう,と考えていた。

「絵を描くことが私の自己表現」というのは,もう二十数年来変わっていない。
ヘタでもだ。 私にとって文章より,はるかに表現できる手段だから。

でも,描くことはそう簡単なことではないし,描けない言い訳ならいくらでも出てくる。
まず至上命題として,自分で稼いで食わなければならない・・・。

だから,その代替としてなのか,マンガを買い,同人誌を買い,
長い間に自分の部屋には本が集積してしまった。

でも,それが目標ではないのだ。 私はコレクターじゃない。
私は本当は描きたいのだ。 ・・・ヘタだけど! 売れそうにないけど!

私が目標とするマンガ家は・・・それこそ,私が読むマンガを描いた作者,
ほぼ全員といっていい。 (中には,資質に欠けた人もわずかにいるので。)

でも,・・・悲しいかな,私はその誰一人にも近づけていない。
(ま,目標とするマンガ家が数千人じゃ,多すぎるし。)

そして,いまの私は,
「光が見えない真っ暗闇のトンネルの中で,どっちが出口かもわからない」
心理状態にある。

もし右がすぐ出口なら,左に歩き出せば延々とトンネルを歩き通すことになる。
そう思うと,一歩も動けない状態。
つまり,とりあえず歩き出す勇気も体力も若さもない,実に情けない私。
まだ,若ければ,いいのだが・・・。

「知命」というのは50歳の異称だが,すでに私はそれのような気がする。
『自分の能力の限界を知る年齢』 らしい。

今の私は,やはり目標を喪失しているようだ。
あがいてはいるのだが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。