スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「バベル」

深夜に放映されていたので,観てみました。

はっきり言って,初見ではさっぱり意味が分かりませんでした。

モロッコ,アメリカ人旅行者,メキシコ,日本と
4箇所で別々の時間軸で,別々の人たちを通して,
お話が進むのは理解できましたが,全体を通して考えると,
何がテーマなのか
タイトル「バベル」とは何を比喩しているのか,
全くわからず・・・。

で,今日になってネットで調べてみると,
要は,(子ども達が何気なく撃った)一発のライフルの銃弾が,
4箇所の別々の人たちを結びつけてしまうわけですが,
そこにおいて,
なんというか,誰も彼もが「理解しあってない」様子
こと細かに,表現力豊かに,淡々と描いていたと知りました。

そう言われてみると,ああ,確かに,どのシーンも,
なんとなく違和感があった
。それは「思いが伝わってない」からでした。
それは,もどかしさ,と言い換えてもいいです。

他国と,社会と,会社と,地域と,友人と,家族などとの間で,
私たちは「理解しあえているのだろうか?」

そこまで考えが広がってしまいます。

バベルの塔」は,ご存じの通り,
神がお怒りになって,人々の言葉を変え,理解しあえなくしたキッカケです。
つまり,この映画のテーマは,
私たちは,理解しあえてないことが多い
しかし,「それでも,理解しあえるように出来ないか?」という
問いかけが,最後のラストシーンなんだろうと思います。

(・・・とまとめてみたものの,これすら安直な感想に思えてきた・・・。
 奥が深い映画です。実際に観て,ご自分の感想を持たれて下さい)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。