スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

ちょっと前に,レンタルDVDで,全話を観ました。
放映時は12話だったようですが,13話目まで作られていました。

私は,作品を観た後,しばらく,余韻を重んじ,内容を思い出しながら,
評価を固めていくのですが,
この作品は,まず,良作だと思います。

あらすじは,(知りたくない人は青字を飛ばして下さい
戦争の中で,トランペットを吹く女性士官にあこがれた少女が,
成長して,平和(休戦?)な時期にも関わらず軍に志願する。
そして,国境駐屯の小さな部隊に配属され,
ドタバタな日常を送りながら,トランペットの腕前は次第に上達し,
最後に,一触即発の両軍の間に入って,誰もが知る曲を
トランペットで吹くことで,停戦の情報を兵士達に伝える。

「音は響く。響いて…気持ちを伝える」

ストーリーが,最初から最後までトランペットと「音」で統一され,
実によく練られていますし,
各キャラの性格も良く描かれています。

実は,借りる時には,もっと悲惨なクライマックスを予想していたので,
なんとか,最終話で停戦になって,ホッとした気持ちもあります。
というのは,このアニメでは『世界は崩壊に向かっている』設定なので,
どのみち,狭い陸地をめぐって,血みどろの争いが始まるだろうことは
容易に予測できるからです。

だから,二期を望む声をネットで見ましたが,
(それはつまり,人気があることを意味しているんですが,)
私は,あってほしくありません。作品としてはここまでで十分です。

部隊の少女たち(そもそも兵隊です)の未来を考えると,
決して,明るい希望が見えないからです。
そういうのは,私的には・・・辛い。
OP曲も,もの悲しくて,切なくて,まるで不幸を暗示しているよう。
(画家クリムトの絵をまねているのは,その意図もあると思います。
 彼の絵には『甘美な性』『宿命』『死の予感』が感じられますから。)

ちなみに,伏線はまだいっぱい,わざと残されています。
それも,私の評価が固まるのを妨げている一因でもありますが,
それでも,もうこの12話(13話)でとどめておいた方が
このアニメの場合は,やはり良いのかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。