スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どどどッピオぉぉ? の続き

以前の記事で,ス○バのドドドドッピオぉぉぉ?!!
という記事を書きました。
その際の調べで,飲み物の大きさも「S/T/G/V」と表記されている
ことを知りました。

で,先日,ある用事のため,別のコーヒー店に入ったのですが,
そこでは,大きさの表記は「S/M/L」でした。
まあ,この方が日本人には(私には?)すでになじみがあるんだと思います。

私は言語学者ではないので (←責任逃れ(笑))
要は,単に,新語・造語については
「慣れ」の問題なのかもしれませんね。 (と,前回まとめました)

というのも,例えば英語の形容詞の言葉を,マンガでは名詞のように使うと,
元が形容詞なんだから,名詞のように扱うのはおかしい
と,まぜっかえす輩が,必ずいて,しかも後を絶ちません。
(まあ,私も一回は思考にひっかかる)

しかし,本当にそうでしょうか?

 (いい例が思いつかず,すみませんが,)
エロい』 という言葉はマンガでも当たり前のように使われてますが,
元々の英語で該当するのは「erotic(形)」「eroticism(名)」ぐらいしか
見あたらず,それを変形させて使っているのは,日本の方でしょ?

もう,エッチなんだからぁ…
はい,「エッチ」というのは「HENTAI」の頭文字からきたことは,ご存じですよね。
これなんかは,ローマ字と,その略と,ごっちゃでしょう?

男って,スケベよね…
はい,これは「助兵衛」さんのことですよー(笑)。

要は,日本語として,「発音がしやすい/意味が理解しやすい」言葉として
「慣れ」させれば勝ち,なんですよ。 きっと。

その例としては, (これは私もたまたま知ったんですが)
いわゆる「お尻」のことを日本人は「ヒップ=hips」と書きますが,
「hips」は,英語では,腰のくびれから股関節までのことを指し,
日本人が考える「お尻」は正確には「buttocks(略してbutt)」だそうです。

でも,「バタックス」は,日本のマンガでは普及しないでしょうね。
だって,発音しづらいもの。 だから,「ヒップ」でいいんですよ。

だから,結論としては,安心して新語・造語を考えて使ってもいいんじゃないかと。
と,またも無難にまとめます。
(・・・新語に慣れるまでが大変ですが・・・)

・・・え? なんか特定の分野の言葉に詳しすぎないかって?
いやだから私は言語学者じゃないですからあ(笑)・・・・・・(逃)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。