スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「孤独のグルメ」2

以前,ドラマの「孤独のグルメ」が始まった時,
原作の雰囲気をよく再現していると感じて,そう評したのですが,

・・・最近,ちょっと自分の考えていた方向性と違う気が
し始めてきて,少し戸惑っています。

最近のお話の傾向では,結局のところ,
東京各地の小さな定食屋さんの紹介レポートにしか見えません。

いや確かに,せっかくお店にお願いしてロケしているわけですから,
『これはうまいぞ!』 『これは正解だった!』 と言わなければならない
大人の事情」は十分よくわかるのですが。

それでも・・・。
まず,東京に住んでない人からすれば,ぶっちゃけ知らない町を
紹介されても,「?」という思いになる気がしてます。
(逆に,東京の方が地方の番組を見ても,そう思うでしょう。)

そして,そもそも「自由のグルメ」ではありません。
「孤独のグルメ」なんです。 (本当はグルメマンガですらない)

「孤独」は確かに「自由」の一面も持ちますが,
「自由」には,「自分で決められる」だけでなく,
決めたことが失敗しても,自分だけが責任をとる寂しさ,辛さ,わびしさ」と
いう側面もあるはずです。
そこに「最高の癒し」とかいうナレを,無理にかぶせられても・・・。

例えば,こんなお話が原作にあります。
主人公・井之頭五郎が徹夜仕事で,コンビニに夜食を買いに行く。
目につくものを片っ端から買って,机いっぱいに広げて,
深夜にもぐもぐ食べながら,

『俺・・・いったい何やってんだろ』 と呟く。

他にも,デパートの屋上でうどんを食べたり,
まんじゅう食べたり,道端でカツサンド食べたり。
彼は,実に寂しそうに一人で空腹を満たしているだけなのですが。
それこそをドラマでやってほしかった・・・。

地方から,東京の本社に出向していた一人寂しい時期に読んだ
お気に入りのマンガだっただけに,
(実は最初から危惧していた)「東京のお店巡りレポートドラマ」に
終わってしまうならば,残念でたまりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。