スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントールの悩み

「セントールの悩み」 1~2巻 村山 慶著 徳間書店

私は,ネタのヒントを得るために浅く広く読むタイプで,
このマンガは,獣人だけが出てくる非常に珍しい作品なので
買ってみたのです。
・・・ただ,この本を紹介するのはずいぶん悩みました。
それでも紹介するのは,この作品が私的には異色だからです。

主人公はセントール(ケンタウロス)の少女で,
他に出てくるキャラも全て「非人間」です。「亜人間」ではありません。

私もあまり詳しくないですが,獣人の描き方には4パターンぐらいあります。
1.人間に,耳やシッポをつけた程度
2.人間の顔に,獣の体(ただし体は割と人間に近いことがある)
3.獣の顔に,人間の体(顔はやや擬人化されていることが多い)
4.完全に獣だが,人語を話して生活スタイルも同じ
(知能については,作品の内容による)

で,まあこの作品は,セントールの少女や友達たちとの
日常を描いている・・・といえば普通のマンガなんですが。
・・・どうにも,のめり込めない部分があって。

出てくるキャラは人馬を始め,竜,羊,翼,角,人魚など
(四足生物は絶滅した)だけが進化した世界なのですが,
その形態の差から,過去に,差別や戦争を引き起こしてきた,と
いう設定です。

今は平和を保って,みんな一緒に学校に通っているんですが,
各種族の形態差について触れることは,法で禁じられている
ばかりか,死刑になりかねないほどの罪。

なんて,おっかない日常でしょう。

さて,人間が作った社会でない割には,例えば家や家具や電車,学校などが
「人間型」と同じなんです。
んー,進化した生物に合わせて作られるはずでは?

それと,「つまり差別というものを考えさせるお話なのかな」と
思いながら読むと,
第1話では,男の子から告白された主人公が
「自分の××は,グロい気がする?」と気にしているので,
女の子の友達どうしで,あそこを見くらべっこすることに。
(・・・どこのエロマンガ展開? というか,馬と羊と竜で比較するってどうなの?)

・・・というわけで正直,私もこの作品のとらえどころが
まだわからないんですが,逆にこういう作品の方が,
考えること・思いつくものが多い
ので,ご紹介する次第です。
(※決して否定的な意味で言っているのではないので誤解なきように)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。