スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が人生を変えるか?

最近,昔のことがよく思い出されてねえ・・・お迎えが近いのかしら・・・。
(単に,新しいことを始める勇気が,今は湧かないからでしょ(苦笑))

「ときめきメモリアル」 (株)コナミ

言わずと知れた,ギャルゲーの金字塔。
これ以降,「1人の主人公が複数の女の子と仲良くなる」作品は,
様々なかたちで派生して作られていきます。

で,今回言いたいのは,ゲームのことではなく。

「ときメモ」に登場する女の子キャラの中に
虹野沙希(にじの さき)」という子がいるんですが,
この子は,頑張っている人なら誰でも応援しちゃう性格なんです。

特に運動関係のパラメータを上げると,出会うフラグが発生して,
「一緒に○○に行きましょう!」(○○には甲子園とかが入る)
で,部活を頑張るハメに。

ただ,ここで重要なのは,虹野さん自身は運動は得意でないこと。
だから,そういうデートに誘うと,良い印象を与えられません。

で,とうとう甲子園(とします)に出場。
(たしか) 試合前に,彼女が現れて涙を浮かべながら言います。
「本当に,よく頑張ったよね。 ここまで来たんだね・・・」
そして優勝して,彼女は大喜びしてくれます。

その時に,ふっと私は思ったのです。

『これはゲームだから,用意されたシナリオ通りになっただけ。
 でも,自分が,部活コマンドの選択を積み重ねていったから,
 パラメータが上がって,虹野さんを喜ばせることが出来た。
 ・・・逆に言えば,コマンドの選択をし続けなければ,
 虹野さんのこんな嬉し涙は見られなかった。
 ・・・つまり,選択の積み重ねが,この結果につながっている
 ・・・これって,現実も同じじゃないのか?

もちろん,「選択」しても,その通りにならない要素として,
「巡り合わせ」とか「才覚」とか「人脈」とか「金」も絡むでしょうけど,
まずは「~しようとする意志を持って選択する」ことが最初にないと,
何も始まらないんじゃないでしょうか。

・・・ということを,あの時に思ったなあ,と今頃思い出したのでした。
やっぱりお迎えが(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。