スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼の口

今日,久しぶりに勇気を出してレンタルビデオ店まで出かけました。
(うん,たったこれだけのことが,今は簡単にできない自分なのです)
ビデオレンタルも,実に半年ぶりかな・・・。

(土曜だったことを忘れてた・・・人が多い・・・帰りたい・・・)

で,先だって紹介した「日常(アニメ版)」が,
すでに「旧作」で並んでるのを発見して,ビックリ。
え,あれ? じゃ今こちらで放映してるのは何? 再放送? 二期?

くそう,東京め,先に放映してたのかッ・・・←逆恨み

そして,前に勧められていた「まどかマギカ」?
見つけたけど,なぜか第1巻が無かったから,借りなかったよ!
決して怖いの嫌いだからジャナイヨ! ホントダヨ!

(まあ正直なところ,今の自分がグロいの見たら,立ち直れないです)

そんなにグロいの見せたいなら,こちらも紹介返し!!!

「狼の口」 1巻~ 久慈光久著 エンターブレイン

とある関所。そこを通ることは容易ではない。
冷徹無情で,切れ者の代官がいるために。

謀反人の娘が逃亡を続け,ここを通るため小姓として男装する。
代官は冷然と言い放つ。「念のためです。服を脱ぎ,上半身を見せなさい」
渾身の芝居などまったく意に介されず,彼女は兵士達に押さえつけられ,
白く若い胸が民衆の前に露わにされる。

「偽ってこの関所を通る者は死罪。執行せよ」
彼女の細い首は,斧で・・・。

こんな感じで,まったく救いのないお話が続く。
それでも,この作品はすごいと私は思う。
それは代官の,「法の執行者」としての描き方が徹底されている
からだと思う。
関所を通る人々には,様々な事情がある。
しかし,それをことごとく打ち砕いていく。逆の意味で清々しいまでに。

この作品はどういう結末を迎えるのか,期待しながら読んでいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。