スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム「逆転裁判5」途中です

3DS「逆転裁判5
今やっと第3章をクリア。

うーん,プレイ途中で評価するのは良くないんだけど,
とにかくシナリオが長い・・・よく言えばボリュームがありすぎて,
なかなか進まず,ちょっと疲れてます。

あとまあ,ゲーム自体は及第点なんですけど・・・。
どうも,シナリオの作風が今までと違ってて,
少しとまどっているので,進まないというか。

具体的にどう逆裁1~4と違うか,というのは
主観が混じるし大した差でも無いかもしれないので
個別には論じにくいんですが,
一言でいうなら「ギリギリ感があまり感じられない」かな?


逆転裁判1~4では,裁判パートに入るまでに証拠集めがあり,
その時点で事件の全容がかなりハッキリとプレイヤーに示され,
こりゃダメだ・・・と追い詰められてしまう。
だからいつだって弁護士も被告もプレイヤー自身も
絶体絶命」だった。

ところが裁判パートになると,証人のちょっとした勘違い,
間違い,隠していた事,見栄を張っていた証言,に気づいて,
「異議あり!」証拠との矛盾をたたきつける
そこに,スカッとする快感があった。
(シナリオの都合上,後出しの証拠とかは演出の範囲内で。)


逆転裁判5では,ほとんど証拠集めをせず,
事件の概要もプレイヤーにあまり明らかにされないままで
裁判パートに突入。
そこでやっと証拠が小出しに出てきて,それに対して
「待った!」「異議あり!」をするんだけど,
次なる証拠の提示で覆される・・・の繰り返しで,凹む。
だから「絶体絶命」を感じにくい。

おまけに,「法の暗黒時代」という設定なので,
証拠も証人もどこか信用できない上に,
「黙りなァっっ!!」という検事の信じられない一喝
これ,「裁判」だよね・・・?

結果,証言vs証拠という戦いじゃなく,
証人vs心を読むという戦いがメインになってしまう。
そしてまた実際,弁護士3人ともが人の心を読む手段を持っている
から,それを使わない方が不自然なわけで・・・。


うーん,結局のところミステリーだからなあ・・・。
真相が最後まで分からないよう,叙述トリックでもなんでも使って
先延ばしするものだとは思うけど。
やはり,「逆転裁判1~4」を書いた巧舟先生の力量はすごかったと
改めて感心します。
今回はライターが違うとは知っていたけど,ここまで内容が変わる
という事を改めて実感したわけですよ。
でも,とにかく最後までプレイしたいと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。