スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音」でつながるローマ字表記

7年後に外国人観光客が増えることを見越して,
道路にある地名表記を分かりやすくしよう,という話が
持ち上がっているそうです。

ふーん・・・と思いつつ,ちょっと別な事を考えてみた。


ローマ字で地名などを標識に書いたのは,
戦後に連合国軍が日本に駐留した際に広がったのかなあと思う。
とにかく緊急に必要だったでしょうしね。

で,冒頭の話は,表記の仕方に統一性が無いというのと,
ローマ字だと外国人に「意味がわからない」というのと,
色々な論点があるようなんですが・・・。

そのローマ字表記について絞って考えてみると,
意外に使い道はあったんじゃないかと私は思ったりします。
例えば・・・こうです。

「Excuse me, where is the Diet building?」
「えっ,ダイエットビル・・・? ホ,What is "Diet"?」
「Umm...Ko-Kai-gi-ji-do
コ-カイ-ギ-ジ-ドー…ああ,『国会議事堂』ね。それなら…」

つまり,外国人にとっても日本人にとっても
「音(おん)」でつながる方が手っ取り早いんじゃないですか?
道を聞く時,ですよ?
聞きたい方も,それを聞く方も,唯一同じなのが「音」でしょう。
「意味」じゃ,回りくどくなる(場合もある)と思うのですよ。


な,なに,英語を勉強しろって?
ええええ英語? ででで出来ますよもちろん。ただね,
ローマ字表記で「音」でつながる利点というものがあったはずだと・・・
(逃)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。