スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アリエナイ基準」

ある放送局が「外国語を使いすぎて意味がわからないから精神的苦痛を受けた」と訴えられた。

訴状を読んでいないので,具体的な苦痛内容については私も詳しくはわからない。

ただ,気になったのは
外国語」と言ったのか,
外来語」と言ったのか,です。

普通に放送されている番組で,「英語」や「フランス語」といった
「外国語」メインで話している番組は,私は見たことがありません。
(「○○語講座」などは別ですが)
ちゃんと字幕が入ったり,吹き替えが入ってます。
つまり,「外国語を使いすぎていて苦痛だ」とは,何を意味しているのか不明です。

百歩譲って「外来語」のことだ,としても
「リスク」や「ケア」はダメだ,と訴えた人は言っているのですが,
割とマジに聞き返してみたい。
「コップ」「ドア」「エアコン」はOKなんですか? と。


・・・ちょっと先に自分の考えだけを要約して言うと,
「それはOKだけど,これはNG」という基準は,個々人それぞれの生まれ,
知識,経験,理解力,好み,伝統,慣習,習慣,性格そして道徳観によって
形成されるもの
であって,私はそれを勝手に
「アリエル基準」または裏返して「アリエナイ基準」
と名付けています。

(法令等による社会規範とは異なり,個人による判断基準のことです)

で,問題なのは,それはその人だけの「アリエナイ基準」なのに,
それを「他の多くの人もそう思っている」と勘違いしがちだってこと。
勘違いするのは仕方ないけれど,それを,他人に押しつけ始めると・・・?


今回の「外来語」の件に限定すると,要は
「俺のわからない新しいカタカナ言葉ばかりを使うんじゃねえ」
としか,私には聞こえない。
まあ・・・そりゃあ,私だってそう思う。
日々新しいカタカナに出くわすと,そのたびにググってるぐらいなんだから。
だけど他人に「その言葉わかんないから使わないで」とは言わないし,言いたくない。

それぐらいだったら,「こう言い換えた方がカッコよくね?」と,言い換え語をつくって
自然に広まってくれる方が文化的だと考えてる。
言葉は,生まれ,変わって,消えていって当たり前。

なんにしても,この訴えはどう判断されるのか,注目したいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。