スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひぐらし」を(途中まで)観て

「ひぐらし」という作品がシナリオがとても良いと
噂では聞いていて,気になっていたのですが
やっと観てみました。

第3編の最初ぐらいで止めました。
ここここわいからちゃうやい(笑)。

でも,だいたいわかった。
要は,
1.同じキャストで,同じ時間軸を,違うお話ですすむ
2.そのシナリオごとに敵と味方が違う(つまり,別次元と思えばいい)
3.わからなかった単語(謎)は,シナリオが進行すると少しずつ判明する
4.(おそらく最後にはそれら全てが一つの真実のシナリオを示唆する)
5.主人公はとにかく毎回死ぬ(えー)

こういう,シナリオの多重構成は,確かに秀逸ですね。
絶賛されたのもうなずけます。

まあ,ただ私は主人公が毎回死ぬだろうってわかった時点で,
なんだかイヤになって視聴を止めたのですが。
(でも,定番の「嘘だッッッ!!!」が聞けたので良かった)


さて,時間軸をいじる,というのはシナリオ作りでは
わりとあることで,フィクションだからこそ出来ることですが,
私が今でも一番好きなのは,
「ダーコーヴァ物語」ですね。

これは高校生にはちょっと刺激が強いぐらいの性的描写もある
SF小説なんですが(著者自身,性的な部分はどうだろうと
思っていたらしい),この物語の特徴は,
1.1つの惑星の大きな歴史の話
2.むかし何かの変化があった,というのは別なお話で語られたり
3.時間軸はいったりきたり
4.ある作品の主人公が,別な作品では名前だけ出てきたり

つまり,全体としては「ダーコーヴァ」という惑星の歴史を構成
するわけですが,時間軸や事変はバラバラに描写されるわけです。
この作り方は,高校生の私に大きな影響を与えました。


しかし,「ひぐらし」はちょっと怖かったな~。
軽くトラウマになったのでしばらくは考えないようにします(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同系統ですがシュタインズ・ゲートお勧めしますぞ。
私は元になったゲームは知りませんでしたが、アニメ版でえらく気に入りました。
最初は主人公の中二病ぶりに引きましたが、中盤以降は逆に引き込まれ毒されそうに?
変えてしまった過去とそれによっておこる悲劇を回避するために、
まどかマギカのホムラちゃん的な科学装置でやり直しまくるのですが、
圧倒的な苦境の中で必死にあがく主人公を応援せざるを得ないのですよ。
最後の最後で非常に非情な選択肢が・・・もう見てる方が挫けそうに。

主題歌もハスキーな歌声がゾクゾクしまっせ。

むむむ

ふむふむ,一度観てみましょう。

借りる時は一気借り!

>もう見てる方が挫けそうに。
そそそれがイヤ~んなんですってば~(笑)
プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。