スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となりの関くん

私は広く浅く読む・・・略

「となりの関くん」 森繁拓真著 メディアファクトリー

「関くん」は授業中にも関わらず,なぜか先生に見つかることなく,
自分の机の上で,実に奇抜なアイデアによる新しい遊びを次々と行う。
隣にいる「横井さん」は,それを横目で見ながら気が気でない。

横井さんは,時には止めようとし,時には手伝い(なんとなく),
時には一人だけとばっちりを食い,時には仕返しをする。
この2人の絶妙な駆け引きが,本作の面白さです。

で,関くんの「遊び」の発想力がハンパない。
この作者は天才じゃなかろうか,と思うぐらい独創的。

例えば,将棋の駒を並べたかと思うと,
金がいきなり自軍の王を倒してクーデター。
自軍が混乱に陥る中,敵軍に囲まれてしまい,
ニセ王(金)は卑怯にも逃亡。
自軍危うし! に現れて,窮地を救う王。しかしHPは0。
ニセ王(金)がまた現れ,王を足蹴にする。

それをずっとハラハラしながら見ていた横井さん,ついに
怒りの消しゴム弾で,横からニセ王(金)をブッ飛ばす。

というようなことを毎回やってるわけです。

「遊び」ってそもそも発想力だよね,ということに気づかされる
良作でした。
あと,横井さん可愛いです。スタイルもいいし。
関くんに振り回されながらも,なぜか見守ってるし。
なんだか目が離せない,2人のお話なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。