スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーガル・ハイ

いまだ元気のない生活を送っていますが,
といって寝たきりでもなく,ドラマぐらいは見てます。

リーガル・ハイ」 という弁護士ドラマに最近ハマってます。

主人公は,
金のためならどんな論理を使ってでも勝つ弁護士」(主演:堺正人)
というわかりやすいキャラ。

それにブレーキをかけるサブキャラに,「熱血で人情味あふれる女性弁護士
というわかりやすい配役。

どこが面白いかというと,
堺正人さんの早口の論理的主張,軽快な罵倒が,聞いてて実にうまい。
しかも勝つためなら,裁判の争点をズラすことも平気でする。
これぞ法律! と思って見てます。

結局はサブキャラの人情や熱血が解決に結びつくことが多いんですが,
それが途中まではイライラするぐらい,主役が立ちすぎ。

もう一つの見所は,「遊び」が随所に出てくるところ。

例えば先日の回では,「犬神家の一族」のパロ的なお話で,
なんと「3通の遺言書」を巡る三人兄弟の争い,という話なんですが,
BGMに「犬神家」を使ってて,大ファンである私としては最初から大感激。
また,往年の助さん角さんの役の方が手をとりあうシーンに「水戸黄門」の曲が。
心憎い演出です。

そしてこの回も,一筋縄では終わらないんですよ。
遺言書というものは,自筆であればどこに書かれてあろうとも,
「一番日付の新しいもの」が有効で,それ以前のは紙クズなんです。
つまり・・・最後に笑ったのは・・・?
これぞ人間!

人間には情だけでなく,欲もあり,無心の愛もある
だからこそ,もつれた時に,最後には解決を図らなくてはいけない。
その「手段」に,時には何を使えばいいのか?
とも考えさせられるドラマです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。