スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コード:「第2章」・・・ひねってるなあ

7月17日から開始された,PSO2の
Code:EPISODE2」という大型アップデート

このタイトル,よくよく見ると,なんだか変な感じがするんです。


素直に「Episode2」なら,「第2章」という意味ですが,
「Code:EPISODE2」となると,
【第2章】という名の識別記号」と読めますから,
これは,すごく大きな意味での「PSO2 2nd」だと
まあ,そう解釈しろ,ということでしょうか。
つまり,ストーリー第2章ではない,のかしら?


(ちなみに「BIO HAZARD CODE:Veronica」というのが,
 「【ベロニカ】という謎の符号」ってネタバレタイトルでした。
 作品自体は,「3」「ベロニカ」「4」「5」と続いてますし。
 ・・・まあ最近のバイオはタイトルが色々あるので,続編という
 意味合いがどこまであるかは分かりませんが。)


「PSO」の続きは「Ver.2」(DC),「エピソード1&2」(GC)
「PSU」の続きは「イルミナスの野望」(ストーリーにはEp2/3と付いた)
「PSO2」の続きは「コード:エピソード2」。
私の正直な感想。・・・言いまわし的には,ちょっとカッコいいけど,
ちょっとひねりすぎ(苦笑)。
まあタイトルに凝るのは,どんな作品でもそんなものですが,
まだ開始して1年なのに「コード:エピソード2」なんて名付けてたら,
次の大型アップデートは,どう名付けるのかしらん?
スポンサーサイト

夏コミへ

今年の夏コミは,3日目のPSO2ブースに行くことをメインに,
前日に上京,当日は会場を出たらそのまま帰途に,という旅程を考えています。


一般参加は久しぶりです。
加えて天候や,体調とか,色々と不安はありますが,
ご挨拶したいPSO2サークルさん含め,現在のPSO2同人の動向を
見てみたいというのもありますので。

それと今の私がどうにも停滞しているので,皆さんの元気をいただきたい,と
いうのもあります。


まあ無理のないようにゆっくり行きたいと思います。

Vitaでのキャプチャ

今日7月17日からエピソード2だそうデスネー・・・
まだ座ってます・・・。

lonely lobby

それはそうと,
p_s_o_2
これがPSVitaによるキャプチャ。

正直に言うと,ガッカリ
キャラクリ頑張ったつもりなのに,「こんな顔だったっけ?」
と思うような写りに。
(メーカーを擁護する気はないけど,実際のVita画面はキレイです,念のため。)

つまりjpegの圧縮が粗い圧縮率を変える設定も無いみたい。
圧縮のせいもあるのか,SSになると妙に肌が光ってるのも,困る。

(どこまでもメーカー寄りに解釈すると,
 美麗なVitaの画面をそのまま外に持ち出されないように,
 ハード・ソフトの両面で,ワザと不便にしているのかも。
 メモカもUSBケーブルも独自規格だし,PCとのデータのやり取りも
専用のソフトをPCにインストする必要
があり,勝手には出来ない。
 ちなみにPSPの時は,市販のUSBケーブルで良かったし,
PCにメモカを差して直接データをコピーすることも出来た。)

加えてPSボタン,START,SELECTボタンはやや凹んでおり,
同時押し,というのは大変にやりづらい
。机とかに置かないと。

誤操作防止,著作権保護などによる仕様だとは思うけど,
使いづらい,遊びづらい,と思っちゃうのは自然な感想なのです。


総評すると,Vitaのキャプチャは,
こんなもの,と割り切って使うといいと思います。
私の場合は,イベントセリフを撮るのも目的の一つだったから,
その程度の用途になら,十分かなと思ってます。


まあ,こういうマイナス面も知りたくてVitaを買ったのです。
だから,ただの感想です。
使ってみなくちゃ,使い勝手はわからないものですしね。

まぁーちょっと泣き言を

※本来こーゆーとこで書きたくないんですが,
 ちょっともう自分自身の状態がだいぶヤバイので,周知のために。


どうにも気力と体調が思わしくなく,
そもそも全く創作意欲がわかず, ←最も嘆いていること
したい事は頭のなかでは分かっていても,
実行にとりかかる熱意が一切わいてこない

一日の使える時間をそうしてただ安きに流れてしまって終わる,という
毎日を繰り返し,常に強い自己嫌悪に陥いるというループに。
ここのところのゲームとかレンタルビデオとかは,気散じに過ぎません。


てわけで,8月について最低決めなきゃということは全部棚上げしたまま。
1.夏コミ参加の旅のスケジュール
2.宿の予約
3.【3日目】一般参加するも,その後のスケジュールはまだ未定。
4.なじみの人と食事でもしながらおしゃべりしたいけど,まだ何も未定。


まあ簡単に言うと「わたしダメ人間だ・・・」とどん底に沈んでいる状態。
もう何ヶ月も奮い立たせようとしてきたけど,ダメでした。
部屋の中の様子も,3月に引っ越してきた時のまま。

さてあと一月あまり。
乾いた雑巾を引きちぎれるほど絞って1滴の水を絞り出すような覚悟で,
1つずつ上記の難題を解決していきます。

年数の数え方

ゲーム「ペルソナ4」が面白くて,なんか久々にゲームしてます。

次々とイベントが起きて,止まれない感じが楽しい。
戦闘をしないと経験値は稼げないんだけど,
それ以外の日常生活パートも重要なので,
単調になりがちな戦闘パートだけの繰り返しがうまく避けられてる。


で,そういった工夫として,ちょっとしたクイズとかがあるんですよ。
その一つに,
西暦1年の前の年は?」というのがあって,
正解は「紀元前1年」。

私,以前のスレで
>そもそも西暦0年の定義に問題ある
と知識の無さをさらけ出してました~! わあ恥ずかしい。


確かに,年号は「0」から始まるはずはないですよね。
例えば平成は「元年」から始まって,次の年は「2年」です。
くう,原点(0,0)とか,デジタルだと+0+15といった考え方をするとか,
そんな言い訳しか思いつかない・・・っ!(笑)

いやあ,私はやっぱりよくよく考えてから書かないとダメみたいです~。

辛口なゲーム機批評

眠れない夜に,まあ気まぐれで試みに,
VitaでPSストアからゲームを有料で購入する」にチャレンジ。
せっかくなので,
ゲームは前から気になっていた「ペルソナ4」を。
手順的には迷わず進むことが出来ましたが・・・。

・購入のためには,PSNサービスでは「ウォレット」という
 ネット通貨で決済するようで,
 それはクレジットから必要額だけ換金(チャージ)しました。
・そしてダウンロード。
 ・・・2時間かかるってコレ。寝付けないから始めたとはいえ,
 ますます寝られないじゃないか!

それで分かった。
Vitaって子どもが遊ぶゲーム機としては向かないわ~。
1.ネット通貨「ウォレット」へのチャージという壁
2.購入してもすぐには遊べない,ダウンロード時間という壁
3.そもそもネットにつなぐ時点で,ネットに対する保護者の理解が必要という壁
こりゃ売れなゲフンゲフン。

あとソフトの値引きもありそうにないな~。
個別のゲーム店だと価格競争があるし,中古品という選択もあるけど,
全部ネットショップで一括して売ってる形では値引きは無さそう。

なんか色々と分かって,ますます眠れなくなりましたとさ。

引っ越しに「塩」の謎

私も引っ越しは何度かしているのですが,
もちろんその都度,日持ちしない食材等は片付けて,
引っ越し先で新たに補充するわけです。

しかし母が引越祝いに来るたびに,最初に必ず冷蔵庫に
「塩」
のビンを入れてくれるのには,前から疑問に思っていました。
私だって,自分で調味料ぐらい買えますよ。
それでとうとう聞いてみると,
その時の母の答えがふるっていたので,ご紹介します。

昔,兵隊さんが戦場で一番困ったのがを手に入れることだったらしいよ。
 それを聞いたから,
だけは買ってあげるの

そう言われれば実際,山中などで「塩」を精製するとか困難でしょうなあ。

塩が人体にとって必須なのは,言うまでもないですし。
生活する知恵というのは,机上や脳内のものではない,意外な現実味を
持っているものなのですねえ。

逆転裁判シリーズ最新作

ううう,ずっと節制をしてきたというのに,ついつい

逆転裁判53DS LL
同時予約してしまったじゃなイカ・・・!
(7月25日発売予定です)

逆転裁判」シリーズは,私の大好きなシナリオゲームの一つで,
これほど推理が楽しいゲームは滅多にないです。
特に「裁判フェイズ」では,証人の勘違い・嘘に対して
「異議ありっ!」
を叩きつけるという,熱いバトル展開が!

あまりにも好きすぎて,
GBAと「逆転裁判1~3
ゲームボーイプレイヤーGCでGBAソフトを遊べるアダプタ)
DSと「逆転裁判1新~4
と全てを網羅してきた私なのですが,今度はその上に
3DSと「逆転裁判5
まで買うことに・・・!
(「レイトン教授」とのコラボはさすがにちょっと雰囲気違うので敬遠。)

でも,楽しみだなあ~♪
例によってゲームの事前情報は持たずにプレイするつもりなので,
どんな事件と推理が待ち受けているのか,ワクワクしています。

ネットを使った選挙活動

政治の話でも選挙の話でもないよ。

インターネットでの選挙活動が解禁になりました。
私自身は,新しい媒体(ネット)を活用することは,選挙の公正さが確保される
限りは,好ましいことだと思ってます。

ただ,
「若者の政治への関心が高まったり,投票率がアップしたりすることが
期待される」云々というコメンテーターの話には,
ちょっと首をかしげてます。

若者はネットをよく使う→ネットで選挙活動→若者が関心を持つ
・・・そういう短絡的な考え方に聞こえてしまって。

この論理のつながりは,よく考えるとどこか飛躍してるし,
そもそも若者は政治に関心が薄い(と言われる)理由は,別では?

また,全世代にアンケートをとると,6割強の人が
「ネットをそんなに参考にする気はない」みたいで,
となると,ネット広報にどれだけ注力すべきか,という問題にも
なりそうですよ。


・・・と,色々と心配しつつ,
ちょっと不謹慎ではありますが,私としてはこれは
壮大な「社会実験」だと考えてます。
(例えば高速道路を無料化したら渋滞を引き起こしてしまい,
 かえって高速道としての役割を阻害することが分かった,とかです)
とにかく1回やってみれば,問題点も明らかになるでしょうし,
それは改善していけばいいわけです。

選挙後の総括を聞きたいですね。

ネットの有り難さ

ブログを始めて久しいのですが,
「ネットさえあれば,自分の考えを広く出せるってすごい時代だなあ」と
いつも思います。

私の健康状態や,生活や,悩みや,取り巻く環境といったものに関係なく,
頭と指とネットにつながったパソコンがあれば
(とにかくも)いつでも私見を言えるというのは,一昔前とは違うでしょう。


昔なら,演説とか,本を書くとかでなければ,考えは伝えられなかった。
病気で一人寝てたりしたら,なかなか難しい。
でもネットだと,その敷居はグンと低い。
病床でも,ツイッターとかすれば,励ましも返ってくる。
出版コストのないWebマンガも当たり前になってきた。
ケータイ小説の隆盛などは,その最たるものだと思う。


だからその効用に感謝する反面,
無責任な考えは垂れ流せないので(活字時代でも同じことですが),
よくよく考えながら書いていくつもりです。

「美」の持つ魔術

一時期ラテ欄で流行ったけど,すぐに廃れた言葉に,
美魔女
というのがありました。


美少女」というのは,もうずっと使われてて,対象年齢も幅広く,
雑誌によっては「おいこれ4×歳じゃないの?!」という女性であっても
・・・いいんです!
2×歳でも「魔法少女」と呼ばれるアニメキャラもいますし。
(あれは半分ネタだけど)

最近はそれに対抗してか,「美熟女」という言葉が誕生しましたが,
これもせいぜい3×歳~5×歳台ぐらいまでかと。

ところが,アンチエイジング特集というのか,若く見える5×歳台以上の
女性
を番組で紹介するにあたって,ついに新語に困ったのか,
美魔女
という,斜め下にひねった言葉が生まれたのを見た時には,
正直コーヒー噴きました(笑)。

さすがに,言葉の響きが悪いというか,
そもそも「魔女」ってイメージがね・・・ってことなのか,
2週間も経たずに見なくなりましたが。いやぁ,良かった良かった,
美女」っていう普通の言葉で良かったのに。


あとはネット隠語で,反対に「美幼女」ってあるなぁ・・・。
言葉(文字)の持つ「イメージの発信力」っていうのは,強いものですねぇ。

自家アレルギー

私のアレルギーの話。

正確には,免疫が過剰に反応する症状のことは,
要因が外部からの「アレルギー」と,内部の「自己免疫疾患」とあるようですが,
素人なのでわかりやすく「自家アレルギー」と呼びますね。


私は学生時代に,事故で手の皮膚を削ってしまい,
自家移植を(自分の皮膚を移植)したんですが,
それから×十年して突然,腕の皮膚が崩れだしたんです。

原因がわからず,1月ほど様子を見てたんですが ←自然治癒力への過剰期待
いっこうに良くならないので皮膚科に行くと,

移植した皮膚へのアレルギー反応」という診断。

簡単にいえば,移植された「自分の皮膚」を「自分のものでない」と
自分の免疫機構が攻撃している,という難儀な状態らしい。
術後×十年も経過してて,今さら・・・! と驚きました。

アレルギーを抑える薬を塗ったら確かに治ったのですが,
一度発症したら収まるわけはなく,
それからも時々,皮膚が痛痒くなり,範囲も段々と広がってます。反対の腕にも。
もうこれは一生つき合うしかないんですね。

だからホント,人間の体って絶妙なバランスの上に成り立っていて,
一度ほころびがあると,それはずっと後まで影響する。
健康な生活,というのは意識して作るものだ,とつくづく思うのですよ。

うたた寝の怖さ

前スレで,ブラジャーの話を書いた,その連想から。

「おっぱいってうつぶせで寝る時,どうなるの?」
というシモの質問に,
「男の棒ってうつぶせの時,どっち向くの?」
と聞き返してた女性に,感心したことがあります。
(夜の居酒屋で聞こえてくる会話って,くだらなくて面白いですわ~)


まあ,またしても書きたい本題はそこじゃないんです。
うつぶせ寝」の怖さのことなんですよ。
(ブラ→おっぱい→うつぶせ→寝る, ってすごい連想ですが)


私はうつぶせで本を読む習慣があるんですが,
疲れと眠気が強いと,そのまま布団に突っ伏すことがあり,
すると脳は起きてるのに体は動かない(金縛り)状態に。
『このまま本当に寝入ったらゆっくり窒息する! 起きれ! 寝返れ自分!』
と必死に体に命令するも,動かない。
そのうちにやっと,体が仰向けになれて難を逃れるわけですが・・・。

スゴイのは,体は動かない,脳は半分寝てる状態,それなのに
呼吸だけは止まらないし,深く息をすることも出来るんですよ。
それは,生命維持を司る脳幹」というところが,
大脳」とは別に動いているかららしいです。

人間の体って,進化って,すごいわー・・・と思いつつ,
何度か本気で怖い思いをしてからは,
眠気が襲ってきたらちゃんと仰向けになるようにしてます。

映画「2012」

映画「2012」(2009年製作)

マヤ文明は,超高度な天文学が発達していて,
天体の動きを今の私たちレベルですでに計算できてたそうです。
そしてその長大な暦は「西暦2012年12月21日」でなぜか終わっている
私は,これはちょっとばかり信じてました。

西暦1999年? あれは鼻にもかけてなかった。
そもそも西暦0年の定義に問題あるし,
西暦999年にも同じような世紀末騒ぎが,西洋では起こったものの,
東洋では暦が違うから騒ぎは起きてない。

でもマヤ歴は違う。
正確に公転周期とかを計算してて,その上で作った暦だから,重みが違う。
私は心の中で「ひぃぃ・・」と思っていて,
何かしらのサバイバル術が学べるかなと思って,映画館に行ったのです。

(やっと本題に入ります。)


結論。
「地球が滅びる時には,まず自家用機が無いと逃げ切れないわ~・・・。
 それと箱船に乗れる少数の人間にならないとダメって,ないわ~・・・」

と,ただの一般人の私は,絶望して劇場を後にしたのでした。

地球が崩壊する理由も不明だったし,
箱船つくる資金集めとはいえ,大金持ちには乗船券を配ってたりとか,
そんなの一般人では対処できないじゃん・・・。


まあ,マヤ歴の「西暦2012年12月21日」は,
本当はただの長大な「区切りの一つ」なんだそうですよ。もう過ぎたけど。

映画「宇宙戦争」

映画「宇宙戦争」(2005年製作 主演トム・クルーズ)

超有名なSFの,CGでド派手な映画です。
この映画では,いつもはド派手なアクションで戦うトムが,
ダダをこねる子ども2人を連れて,ただただ逃げ回るダメ親です。
(でも我が子のためならなりふり構わずという行動は,手段はともあれ
 共感はしました)

オチも私の大好きな「意外な一発逆転」で,子どもの頃に読んだ時には
こんな不意を突くようなオチの付け方もあるんだ」と
大きく影響を受けました。


ただまあ・・・大人になってから考えると,
何万年も地球を観察していたのに,侵略する惑星の環境をリサーチするって
発想は無かったのか?
」と突っ込みたい気持ちはありますが,
地球人だって歴史を見れば,新しい土地から細菌・ウィルスを持ち帰っている
例はいくらでもある
ので,
あながち火星人が愚かだと笑えないかもしれませんね。

それより,火星より高重力の地球に行くために,
必死にタコ足でトレーニングしている彼らの姿を思うと笑えます。


ちなみに,劇場で観た時にはさらっと聞き流した
大阪では何体かやっつけたらしい。日本人に出来るなら俺たちにも・・・」
というシーン。
日本はロボットや宇宙人に侵略され続けてきたから,
弱い関節か,メインカメラを狙ったんだね,きっと。

議論する権利

政治の話じゃないよ。

参議院選挙が始まったようで,入場ハガキがきてた。
もちろん行く。
老骨に鞭打って投票に行くつもり。

ただ,本当の気持ちは,今年の参議院を見てて,
法案を一回も審議せずに時間切れにしちゃうような,
自分たちの仕事をしないような連中を選ぶため,
じゃない。


政策に賛否があるのは,当然だ。
だからこそ議論すべきであって,それが国会議員の仕事でしょ。
議論の結果,100%の合意が得られない時は仕方ないから,「多数決」
それが今の私たちの持つルールだ。

権謀術数。私は決して嫌いじゃないですよ。
だから,議論の前に色々と交渉して,始まりを長引かせるのも一つの手だ。
でもそれが結局,表だって何の結果も(変化も)もたらさなかったなら,
「下手な考え休むに似たり」
この一言に尽きる。

だから,私は投票には行く
でも,私のためにじゃないよ。それはもう,諦めた。
私の,次の世代のために。

それと,自分の権利(投票権)を放棄したら,国会で議論できる権利を放棄した
あの連中と同列になりそうで,自分に腹が立つからだ。
プロフィール

メフィーナ

Author:メフィーナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。